医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

いくつかのやりたいことがあれば消去法で決める?

2016年11月20日

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

社内でコンサルタント同志で会議をしていた時の雑談ですが、例えば診療科の選択や転職先が複数あり、そのいくつかがすべてやりたいこと、興味があることだった場合、その選択については消去法が良いということが話題になりました。

 

こういうことはよくありますよね。照れ

 

通常就職や転職活動をする場合は複数の会社を受け、そこで比較検討をします。

 

ある意味冷静に自己分析できる状態であれば、複数の選択肢を冷静に比較検討できると思いますが、チャレンジングな方、好奇心旺盛な方、思いもよらないところから内定をいくつかもらった時なんかはどれも興味があって絞れないといったことが起きます(先日も選びきれない悩みという題のブログを書いたところですが。。。)。

 

私もかなり食いしん坊でファミレスに行った時は、“あれも食べたいステーキ”“これも食べたい焼肉”ということが多々あります。てへぺろ

 

その際、食欲の程度を自己判断はできない訳なので、カロリーが気になるのであれば、その高い方を省く、お金に余裕がないのであれば同様に高い方を消去する。。。など選択を消去するという概念を持ち込めば、私もファミレスで注文できない悩み?が解決されるのかなと思いました。

 

写真なんかも今はデジタルで何枚も撮れるのでいかに消去するかということが記録を残す上で重要ですよね。

 

多様な働き方や職場が選べるようになった今、やりたいことや好奇心を大切にするのと同時にどう選択を消すか、その軸も含めて我々は考えないといけないですね。

  • よくあるご質問
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る