医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

医局の雰囲気

2016年10月10日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「医局の雰囲気」部屋ということにしました。

 

ここでいう医局というのは病院での医師の事務室、休憩室のことです。

通常医師1人に一つの机があてがわれます。デスク

 

医師が気になる病院様の面談を受ける際に見学して回るスペースの一つです。

 

この“医局”ですが、医師がその病院に入職するか否かを判断する材料としては結構重要です。外来の診察や病棟を回って帰ってきて、一息入れ、またご飯などを食べたり、調べものをしたりするところなので、当然ながらきれいで仕事がやりやすいところが好まれます。

 

それで、研修医が何人もいる病院などは比較的医局は大きくきれいです。ほどよく仕切りがあり、かといってクローズされているような雰囲気はない。こんなところは理想になります。

 

ただ中小病院になると結構その雰囲気が一転するんですよね。

 

ものすごく狭かったり、パーソナルな雰囲気がなかったり、雑然としていたり。。。

(そこまで作る余裕がないのが理由となる。。。)プンプン

 

なので、中小病院で医局をきれいにしているところというのは自然と医師が好意を持ちます。

(当直室も同様)

 

逆の見方をすると、他の職員(看護師や薬剤師、その他のコメディカル)にはそのようなスペース(特に机)はないので、医師だけそんな特別扱いしなくていいという意見もあるかもしれません。

 

ただ医師を招へいするということに対してはその病院の姿勢がちょっと見え隠れするんですよね。

 

もちろん医局がきたなくてもよい病院はいっぱいありますし、医局がきれいでも魅力を感じない病院様もあります。

 

とはいえ、医師が勤務先を決める要素の一つであり、実際に入職してから活躍していただけることを考えると、それなりに重視すべきものだと感じております。

  • よくあるご質問
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る