医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

給与の上限

2017年10月15日

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

さて、本日のネタですが「給与の上限」ということにしました。

 

ある先生の転職相談にのっていた時のことです。

 

外科系の先生なのですが、今でも結構なお給与をもらっておられるので、転職先にもそれなりの給与条件を求めておられました。それでご紹介した病院様で頂ける給与の上限はおいくらくらいでしょう?という質問がきました。

 

「私は2000万くらいではないでしょうか」サラリーマン

 

とお答えしました。

(ちなみに入職時というよりその病院でご活躍された上でのこと)

 

で、その根拠をお伝えしました。

 

院長先生が、2?00万円なんです。

 

私はその病院の給与規定というか院長の年収を知っていたので、それをお伝えすると、“なるほど”と納得されました。

 

当然ですが、一般の医員が院長の給与を超えることはありません(スーバードクターは知りませんが)。

 

院長>副院長>診療部長

 

となると上限はこれくらいというのが分かります。

 

医師不足の地方の公立病院などは当てはまらないこともありますが。。。

 

先生としては、転職する上で自分の給与の目安を知ることが出来大いに参考にされたようです。

  • よくあるご質問
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る