医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

医療機関の事務方の異動

2017年08月20日

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

さて、本日のネタですが「医療機関の事務方の異動」ということにしました。

 

なんだか最近、我々がお付き合いしている医療機関の事務長やその部下の方、採用担当の方などの異動や退職をよく耳にします。

 

理由は特にお聞きしていないのですが、なんだかざわついているような気がします。。。

 

医療機関(特に大きな法人ほど)に事務系として入職した方はこれまであまりそういう動きは少なかったように思います。

 

病院グループ内での転勤などはあったとしても、事務系が違う部署に配属されることはあまりない(基本的に職種ごとのプロ集団なので)ですし、転職するにしても同じ職種の求人ってあまり出なかったからです。

 

しかしながら最近病院機能の転換や拡大(縮小)、医療周辺産業の拡大などで、事務系の方の流動化が増えている気がするんですよね。

 

医療費が膨大しそれを抑制する動きの中で病院は変わらざるを得なくなっていますし、同時にその膨張した医療費をめぐって色々な産業が流入してきています。

 

そのせめぎ合いの中で、働く人も変化を求められているのかもしれません。

 

総合診療か家庭医か総合内科か?

2017年08月10日

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

 

本日のネタですが、総合診療か家庭医か総合内科か(救急科か)?

 

ということにしました。

 

日ごろ医学生や研修医の方のキャリア相談を多く受けていますが、将来の診療科選択においては、上記のようなジェネラルな科を検討の1つとして挙げられる方が増えています。

 

相談の中では

 

上記3つの科目の中でどれか一つを選ぶ、ということがその主題になったりするんですが、最近それを1つに選ぶのは難しいなぁと感じております。

 

ある程度の線引きは出来ますがそもそも3つを完全に引き離して考えることは無理ですよね。

 

また事を難しくしているのが、それぞれの後期研修のプログラムの内容が、3つの科目をまたいでいるということ。

 

例えば総合診療のコースに在宅診療があったり、家庭医のコースに病院での研修があったり。。。あと救急の研修を重視するものもあります。

 

そうなると〇〇科と限定することは難しくなるんですね。

 

要は自分がどういう医者になりたいか、どういう患者をどういう場面で見たいかというビジョンを決め、科目というよりはその病院のプログラムで決めるといったものが現実的なような気がします。

 

ジェネラリストの中でどういう医師になりたいのか、まだぼんやりしている方がいらっしゃればぜひお問合せいただければと思います。

 

ヘッドハント案件には気を付けて

2017年08月05日

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

さて、本日のネタですが「ヘッドハント案件には気を付けて」ということにしました。

 

ヘッドハントと聞くとどんなイメージを皆さま持たれますか?

 

格好いいかキメもしくはちょっと恐いあせ

 

というようなイメージを持たれるのではないでしょうか?

(私はそんな印象を持っています)

 

自分に声がかかるのは嬉しいことだけど、その案件ってどんなものなのという疑問が湧いたりします。

 

そもそもヘッドハントということにはっきりとした定義づけはないのですが、基本的に公開されていない求人で、その条件的なものよりポストが重要になり、そしてヘッドハンターや求人の担当者からいきなり連絡が来るという感じですかね。

反対に転職エージェントは求職者が登録していただいてそれから希望に応じて求人を探していくといった流れになります。

 

一般人材で上場企業の部長、事業部長、役員クラスになると、それはもうものすごい引き抜きになります。ヘッドハンターはターゲットとなる方の過去や人脈を徹底的に調べますし、その上で声をかけます。

 

ただ医師のヘッドハントなんて正直なところ、そこまで大そうなものはありません。求人となるクライアントから近い病院でターゲットとなる科目の先生に手紙攻撃をしたり電話攻撃をしたりします。もはやテレアポといった感じです。

 

なので該当者の先生のことを全く知らないことも多々あります。

(ネット上の情報のみ)

 

それで医師のヘッドハントの案件には大きく2つの特徴があると思います。

 

それは立地(地方が多い)と役職(部長職以上)

 

立地的なところでいくと東京から離れた、長野、栃木、群馬など

役職的なところでいくと診療部長、副院長、院長(クリニックの場合)など

 

そもそも東京、もしくはその郊外で普通の医長、医員であれば転職支援会社に頼むのが一番スムーズです。立地的な難しさや役職的な難しさがあることからターゲットを決め打ちしてなんとか採用したいというのがヘッドハントを使う理由です。

 

そうなると、医師からするとなかなかリスクの高い求人になりえます。

 

今住んでいる場所から転居が必要だったり、経営陣に入るという決断を下さないといけなかったり。。。

 

採用条件はいいかもしれませんが、もし結果が残せなければクビになる可能性も高いです(役職がついていたらなおさらですね)。

 

ヘッドハントを受けている先生に話を聞くと、私の目からはちょっとなぁ???というモノが結構多いんです。

 

これをお読みになられている先生で、「こんなところからお声がかかったんだけど、どう?」といった質問も受け付けています。

 

該当の医療機関について詳しくお答えは出来ないかもしれませんが、判断するコツはお伝えできるのではないかと思います。

  • よくあるご質問
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る