医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

話しやすい先生の共通点

2015年09月12日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「話しやすい先生の共通点」ということにしました。
最近、ビジネスとその他諸々?の情報収集を兼ねて、知り合いの先生とお会いすることが多くなっております。

おかげさまで、何か医師の働き方について調べたい時には、これまでのお付き合いの中でそういうことを質問出来る先生が何人かいらっしゃいますので、「お食事でもどうでしょう~~~えがお」という軽いノリでお誘いをさせていただいております。

そういったことに応じていただける先生って優しかったり、好奇心が強かっりするんですが、私が特にお声をかけやすい先生については

診療以外で何かしら社会とのつながりがある
(もしくは診療以外の仕事や生き方、趣味などに強い関心がある)

方が多いような気がしてます。

つまり、患者を診察する医師としての立場以外で何かしら活動されている方。

なんというか、お話ししやすいですよね・・・
そのためか、雑談だけで盛り上がってしまう。

おそらくそういった先生は医師以外でも友達が多いような気がします。

ちなみに何人かの先生は〝先生〟と呼ぶのを禁止されております。あせる

なんだか恐縮してしまいまうことも多いですが、こんな関係をもっと広げて行ければなぁと思っております。

開業医の悩み

2015年09月10日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「開業医の悩み」ということにしました。
開業医になれば勤務医とは違った悩みを持つことになりますが、継続して経営が出来たとすると、経過の年数によってその悩みが変わってくるということをあるサイトで書いていました。
http://www.medisite-net.com/html/column41.htm

メディサイト 松村さんという方が書かれています。
それによると
・開業3年目くらいまでは収入面での不安
・5年目くらいで経営は安定したが患者数の伸びが止まってきたという実感
・開業も10年を経ると「刺激のない生活」への飽き

ということが開業医からのグチで出てくるということ。

いや~非常によく言ったものだと思います。

開業3年目くらいまでは皆必死ですし、他のことは考えられないのですが、5年以上経つとそこそこうまくいってることが、逆に充実感をなくす原因になってしまう。

特にクリニックのような小さい企業であれば、その規模で小さくまとまってしまい、何かやりたいんだけど新しいことにへの挑戦をあきらめてしまう傾向があります。

我々はそこまで安定している訳ではないので、日々危機感は持っていますが、それでも年々新しいことへの挑戦には臆病になってきているような気がします。

やはり適正な経営にはある程度刺激が必要で、そういったものは積極的に作っていく必要があるなぁと思っております。

自分自身をコンサル出来るか?

2015年09月07日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「自分自身をコンサル出来るか?」ということにしました。

日頃人様の人生に対して、色々ご助言をさせていただいている立場ではありますが、

じゃあ自分のキャリアはどうなんだがーん

と自問自答することがあります。

自分を分析し、それに対してどういう方向を向けばいいのかを検討するというのは意外にも難しいものです。

キャリアコンサルタントと名の付く職についている人でも、自分のキャリアに迷っている方は結構いますし、もっと言うとメンターやコーチを付けている人もいます。

キャリアのプロであってもやはりアドバイスは欲しいものなんですね。

先日もあるキャリアコンサルタントに私自身の相談を聞いてもらいました。

アドバイスをするだけではなく、アドバイスされることで気づくこともあり、そういった機会は私自身大切にしていきたいと思います。

求人のアピールネタについて

2015年09月01日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「求人のアピールネタについて」ということにしました。
昨日は知り合ってもう3~4年くらいになる先生と情報交換をしてきました。その先生は所属している病院の人材採用(特に医師)にも関わっているのですが、今出している求人のアピールの仕方について変えようとしているということでした。

勤務内容としては他の病院に比べてそれほど忙しくないことから、いわゆる「週4日 当直なし」的なことを求人サイトや紹介会社におっしゃられていたのですが、それに加え診療についての特徴や取り組みをよりアピールしようということにされたようです。それで紹介会社についてもあれもこれもではなく、信頼できる会社を絞って、医師自身からそれを説明し始めたということ。

我々としてはとてもありがたい限りです。ニコニコ

紹介会社の機能としては、勤務の条件面だけではなく診療面を含めた全体の特徴を知り、それを候補者の方に説明するのが役目。

ある意味本来の人材紹介機能が求められているような気がします。

そのためには我々も日々勉強しないといけないですし、訪問した際にはその病院様の特徴をきちんと把握しなければならないですね。

話をしながら、ちょっと思い当たる医師医師が思い浮かんだので、今度お会いした時にその病院様のことをお伝えしたいと思っております。

若手医師の開業志向

2015年08月25日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「若手医師の開業志向」ということにしました。
週末はある先生のキャリア相談に応じておりましたが、その先生は開業志向をお持ちでした。
まだ経験を積まないといけない年齢ですぐという訳ではないですが、将来的にそのような選択がありうると思っておられます。

キャリア相談においてこのような内容になるのは、最近多い気がします。

あるデータにおいても将来開業しようと思っているという年齢層は、20代後半~30代前半で特に高くなっているとなっていました。

以前であればそれくらいの頃はまだまだ開業はぼんやりとしたイメージであり、とりあえず専門性を磨いてから開業を考えるという傾向が強かったと思いますが、最近は〝開業ありき〟というビジョンを持たれている先生が多いです。

私は開業コンサルタントではないですが、開業準備というかそれまでの準備についてのアドバイスはある程度行えると思います。

まだまだ先と思っていたとしても、開業に興味がある先生はぜひご連絡下さいませ。

開業医としてのキャリア

2015年08月20日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

今あるところから頼まれて、〝医師のキャリア〟についての話をまとめてます。
その中で『開業医』の章があるのですが、これまでは開業医を医師のキャリアの1つとしてあまり意識していませんでした。つまり〝医師のキャリア〟というトピックにおいては勤務医が中心になるという考えです。
もちろんキャリアの広義の意味は〝人生〟ですので、当然開業医としての生き方もそこには含まれますが、開業医は経営者となることなので、ちょっと違うかなと思っていたんです。

ただ、色々開業医としての生き方を紐解いていくと、開業医になると決めた瞬間からその先生のキャリアというのは変わってくるし、開業医になってもそこからどう〝キャリアアップ〟していくか?(医院を大きくしてマネジメントの範囲を広げたり、開業医であっても外部の研修を受けたりしてさらなる(新たな?)診療領域を作っていくか)、また開業医をやめて勤務医になるという選択肢もある。昔に比べて開業という選択肢が選びやすくもあり、また違う見方でいうと人口減などの影響によりリスクが高い選択とも言えるようなったことで、開業したらそれで一本のレールが引かれているとは言えなくようになったことがあると思うのです。

私も経営陣の1人ですが、経営側だからといってキャリアがない訳ではないです。これから自分のキャリアをどうしていこうかというのは常々考えています。

開業医は経営者であり、毎日の診察を中心に、組織運営、収支管理、人の採用・教育など日々の忙しい業務に忙殺されて、自分のキャリアを見つめ直すということはあまりないかもしれません。

ただ、開業医を一つのキャリア選択の結果とした場合、人生を線で捉えることが出来、今後についての展望も考えやすいのではないかと思いました。

通常開業についての本はいわゆる成功するための教科書的な本が多いですが、ちょっと変わった視点で開業医のことを書いていければと考えています。

医師のファイナンシャルプラン

2015年08月15日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「医師のファイナンシャルプラン」ということにしました。
今、ある保険会社のライフプランナーさんに来ていただき、全社で研修を受けています。
内容としては先生方のファイナンスについて、ほんの少しご助言が出来るようになること。専門家ではないのであくまで障りの部分だけです。

来て頂いているライフプランナーさんは医師の顧客が多くこれまで500人くらいの医師に対してファイナンシャルプランの設計をお手伝いしてきたとのこと。今回は弊社の代表、柴田との縁があり研修が実現しました。

ファイナンスについての医師の関心事と言えば

・家計のキャッシュフロー
・教育費
・運用
・節税
・相続
・・・

など自身の給与も高く、ご家族にも大きく関係することですが、日頃忙しかったりそのような金融知識もなかったりして、実際には何も対策をしていない場合が多かったりします。

我々はキャリアコンサルタントで、先生方の人生設計について主に転職を中心としたご支援をしていますが、ファイナンスの知識があるともっと良いアドバイスが出来るのではないかと思っています。

ちょうどまた何か勉強したいと思っていた時だったので、力を入れて勉強をしていくつもりです。腕。

また何か新しい発見があればご報告していきま~す。

顔が見えるお付き合いは大切

2015年08月10日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、連休後最初の投稿になりますが、『顔が見えるお付き合いは大切』というネタにしました。
弊社は先生方に求人情報を紹介する上で、基本的にお伺いをして詳しい話を聞くことを原則にしています。
電話だけやメールだけの情報だけでは分からない部分が多いからです。
現状では首都圏内でのマッチングがメインなっており、なかなか地方への営業は出来ておりませんが、それでも地方の求人様が来社いただくことが定期的にあります。

そこで話を聞くと、

人材紹介会社回りをし始めてから、医師の採用が増えてきた(^_^)v

という声をよく聞くようになりました。

もしかしたら、特別な例かもしれません。その辺りははっきりとは言えませんが、それでも人材紹介会社側としては、担当者を全く知らない求人様よりは担当者を知っている求人を紹介したいと思うのは自然なことです。

地方からわざわざ来ていただくのは大変なことであり、お金も時間もかかる。

ただ大切なのは出来るだけ顔が見えるお付き合いをすることで、マッチングの可能性も大きくなるということ。

熱心に来ていただく求人様は我々なりに力を入れてご紹介をしていきたいと思っております。

院長の採用方針と現場の意見の違い

2015年08月05日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

週末からは少しましになるようですが、さすがの?私も今週はバテバテでした。。。ヨロヨロ

さて、本日のネタですが「院長の採用方針と現場の意見の違い」ということにしました。
昨日訪問してきた病院の話ですが、これまで弊社はその病院様に何人かの先生をご紹介し、そこそこ懇意にさせていただいています。

とても良い病院様でして、話を聞くと最近医師の入職が続いたとのことで、募集については積極的には行っていないということでした。

ただ院長の方針として、今後のリスク(これから辞める医師も出てくる可能性がある)も考え、募集は一応かけておこうということのようで、弊社にも一応情報は教えていただきました。

しかしながら現場の先生は新たな医師の採用にはあまり積極的ではない様子。これ以上増えたら自分に症例が回ってこなくなるのではということでの心配があるようです。

全国的な医師不足の影響で、現場で医師を増やしてほしいという声の方が一般的には多い気がしますが、こちらの病院様は逆の発想。

採用については、組織内で色々考えは違ってきますね。

我々としては医師は充足されてても、良い病院様は今後不足した際にお声掛けいただくよう、これからも定期的なお付き合いは続けていきたいと思っております。

地域枠出身の医師をどう育てていくか

2015年08月01日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

今日も暑いですね。
午前中外出していましたが、電車に乗り換えるだけで汗が噴き出しておりました。。。あせる

さて、本日のネタですが「地域枠出身の医師をどう育てていくか」ということにしました。

先日東大図書館で、日経メディカル さんの記事を見て興味を持ったことになります。
そこでは地域枠で医学部に入学し、医師免許を取得した医師がこれから増えるに従い、色々な問題が起こる可能性があることを示唆していました。

地域枠は、地域の医師不足を解消するのが最大の目的ですので、その制度を利用して医師になった者は一定期間その地域の自治体が指定する病院で勤務しないといけないことになります。

地域枠と似た縛りがある大学として、防衛医大、自治医大、産業医大も卒業後9年の義務年限があり、自分で好きなように職場は選べないのですが、その期限の中で思うように専門医が取れないとか、必要な技術が身に付かないなどの悩みを打ち明けられる医師もいらっしゃいます。

で、何が問題かというと、地域枠の医師を抱える自治体の方が、その受け皿や医師のキャリアパスを十分に考えられていない可能性があること。

もちろん制度には限界があり、地域枠での医師の自由を制限しすぎることは出来ない。
ただしあまりにも医師に自由を与えると地域枠制度のそもそもの目的が損なわれてしまう。

そのバランスを取るのが非常に難しいように感じます。

これから弊社にもそういった医師の相談が寄せられるような気がしています。。。
我々の方でも情報を収集し、悩みにある程度応えられるような体制は整えたいと思っております。

  • お問合わせ
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る