医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

コンサルタントからのメッセージ

上海の病院にヘッドハンティング?

2016年12月20日

関西に帰省しておりました。

まぁまぁ天候にも恵まれ、気持ちよく過ごせました。てへぺろ

それで昨日の帰宅後「ドクターX」の最終回を録画で見ました。

少し前もこのドラマをネタにしましたが、今回も「う~ん」と唸る内容でした。

昨日の本筋ではないのですが、大量の医師が中国、上海の病院にヘッドハンティングされるという話がありました。

いや~これ、あり得なくはない話なんですよね。びっくり

大量にはないでしょうが、私も過去2回上海の病院の案件に関わったことがあります。

中国で日本の医師がどこまで診察できるかということを私も詳しくは知らないのですが、現地にいる日本人対象にということでの募集がありました。

ただ実際のところ、日本人の排斥運動があったり、大気汚染の問題が出たりで先生側からお断りがきたんですが、ドラマの話は完全に嘘でもないです。

なんだかちょっと恐ろしい話ではありますね。。、

ドクターX、最終回も楽しく拝見しました。ニコニコ

密室での面談

2016年12月15日

今回のネタですが「密室での面談」ということにしました。

通常、我々のような医師の人材紹介会社のコンサルタントが先生を医療機関にご紹介する場合、面談の場にも実際に立ち会うことが多いです。

ただ医療機関様(=求人)側としては、我々を入れないといけない義務はない訳で、例えば理事長や院長面談の際には我々がご同席できないということが出てきます。

これは求人様の意向というか方針なので、我々はどうすることもできません。

で、結果的によいマッチングが出来ればいいのですが、中にはうまくいかないケースがあります。

我々がいたら互いの落としどころみたいなものを探りながら面談の話を進めますが、それが見つからず終わってしまうケースもあるんですよね。

まぁ一般のビジネスパーソンの面談の場合はエージェントの立ち合いはない訳なので、医師紹介特有のものなんですが。。。

ただ医師の場合はその先生ごとに交渉要件や働き方がすごく変わってくるので、出来れば我々を入れいただきたいですね。

入ってもうまくいくという保証はないんですが。。。ただうまくい確率は上がると思います。ニコニコ

沖縄の労働市場など

2016年12月07日

医師専任キャリアコンサルタントの中村正志です。

さて、本日のネタですが「沖縄の労働市場など」ということにしました。

 

先週は沖縄に出張し数人の先生にお会いしてきたのですが、沖縄の労働市場や医療にまつわる話をお聞きし、色々刺激になった次第です。

 

今、沖縄の熱がスゴイです。んー

 

街にはタワーマンションが立ち、空港も飛行機の離発着がものすごい数になっています。

また中国の方を中心にオフシーズンでもいたるところに観光客がいらっしゃいます。

 

もう本当にバブルのような感じです。shabon+.

 

人の流入もすごくて、本土から移住者がバンバン来ていますし、これは外国人も含めて多いです。日本でこれほどまでに人口が増えているところはないのではないでしょうか。

 

もちろんこれはいいことばかりではなく、

・新しく沖縄に入ってきた方と既住者とのいざこざ

・高齢者のさらなる増加(移住者は比較的年齢が高い方が多い)

・貧富の差の拡大

 

など、色々な問題はありますが、人口減少に悩む他の地方に比べると人が集まり動くということで色々な産業がおこり、教育や医療も広がりが見られます。

 

そのため、先生方も症例の幅が多く、やりがいも感じるとおっしゃられています。

 

私も沖縄の労働市場はかなり魅力的に移りました。

 

何かしら機会を作り定期的にできれば訪れたいと思っております。

ただ夏は相当に暑いようですが(特に今年はひどかった模様)。。。

初期研修先は同期が4人以上のところがよい?

2016年11月30日

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

ある後期研修医の先生と情報交換した時のネタになります。

 

その先生は今後医学教育にも積極的に携わっていきたいということで、特に初期研修について色々ご意見があるようでした。

 

その中で、医学生が初期研修先を選ぶ時の一つのポイントとして、

 

初期研修先は同期が4人以上のところ!!

 

ということをおっしゃっていました。

 

???

 

確かにあまり人数が少ないのは良くないのかなと思ったんですが、理由としては人間関係。b-b-Scarab

 

少なすぎると寂しいということもあるようなんですが、3人となるとその中の2人がいがみあった場合、救いがなくなり非常にやりにくいからということでした。

 

ちょっと意外でした。キョロキョロ

 

初期研修先の選び方のポイントというのは、一般的に指導医との相性ややりたいことが出来るか、プログラムの内容などが言われますが、現場の声というのも大切にしないといけないなぁと思いました。

 

さっそくメモった次第です。

いくつかのやりたいことがあれば消去法で決める?

2016年11月20日

医師向けキャリア支援の第一人者、中村正志です。

社内でコンサルタント同志で会議をしていた時の雑談ですが、例えば診療科の選択や転職先が複数あり、そのいくつかがすべてやりたいこと、興味があることだった場合、その選択については消去法が良いということが話題になりました。

 

こういうことはよくありますよね。照れ

 

通常就職や転職活動をする場合は複数の会社を受け、そこで比較検討をします。

 

ある意味冷静に自己分析できる状態であれば、複数の選択肢を冷静に比較検討できると思いますが、チャレンジングな方、好奇心旺盛な方、思いもよらないところから内定をいくつかもらった時なんかはどれも興味があって絞れないといったことが起きます(先日も選びきれない悩みという題のブログを書いたところですが。。。)。

 

私もかなり食いしん坊でファミレスに行った時は、“あれも食べたいステーキ”“これも食べたい焼肉”ということが多々あります。てへぺろ

 

その際、食欲の程度を自己判断はできない訳なので、カロリーが気になるのであれば、その高い方を省く、お金に余裕がないのであれば同様に高い方を消去する。。。など選択を消去するという概念を持ち込めば、私もファミレスで注文できない悩み?が解決されるのかなと思いました。

 

写真なんかも今はデジタルで何枚も撮れるのでいかに消去するかということが記録を残す上で重要ですよね。

 

多様な働き方や職場が選べるようになった今、やりたいことや好奇心を大切にするのと同時にどう選択を消すか、その軸も含めて我々は考えないといけないですね。

相談をいただくのなら今?

2016年11月15日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「相談をいただくのなら今?」ということにしました。

 

例年この時期はすごく多いとは言えないまでも継続的に先生方の登録、相談をいただいています。

 

が、今年はなぜか相談が少ないんです。。。ショボーン

 

その代わり非常勤の問い合わせは好調です。

 

来年の4月入職を考えた場合、そろそろ求人の検索や面談も行っていい時期です。

12月くらいにドンと登録が増えても、それはそれで丁寧にご対応できない場合がありますので、来年転職をしようかと考えられている先生は、相談だけでも結構ですのでお問合せくださいませ。

 

私の担当を希望される方もぜひ!ニコニコ

決めきれないという悩み。。。

2016年11月07日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「決めきれないという悩み。。。」ということにしました。

キャリアや転職の相談を受ける中で、最近私が感じたことになります。

 

医学生だけに限らず、若手の先生もベテランの先生も、選択をすべき時になかなか決断をされない(=そのまま引き延ばす)方が多くなっているような気がします。

 

選択すべき時というのは先生方の場合

 

・診療科を決める

・研修先を決める

・医局をやめる

・大学院に行く

・転職をする

 

といったことですが、私が相談を受け色々ヒアリングをしたり、現状の労働市場や我々が支援をしてきた事例をご紹介したりしてもなかなか決めきれない先生が多くなっている。

 

ということで、1度の相談で終わらないケースも出てきています。

 

もちろんそういった決断は安易にするものではなく熟慮が必要だとは思います。

ただ決断を渋るままでは何も始まらないということも一方であります。

 

相談する際にはこれまでにつちかってきた経験値やコンサルティングの手法を駆使しているつもりですが、我々としても何かしらの対策をするのと同時に相談に長くかかわるようなスキームも作っていきたいと思っております。

過労死とキャリアコンサルタント

2016年10月30日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、今週の水曜日に放送されたBSフジプライムニュースでは、

『「過労死」なくせるか 繰り返された“悲劇” 再発防ぐための方策は』

というトピックで、電通の新入社員が自殺したことを受け過労死を防ぐための職場環境についての議論がされていました。

 

その中でゲスト出演されていた櫻澤博文先生(産業医)は弊社のサイトにおいてメッセージをいただいている先生です。

http://www.ishicari.com/doctor-message/hirofumi-sakurazawa/

 

先生は我々キャリアコンサルタントにとても理解をしていただいており、もっと企業がキャリアコンサルタントを活用することで、このような事件を防ぐ一助になるのではないかということを番組でおっしゃっていました。

 

電通の新入社員の方も悩んだ際どこに相談したらいいかもわからなかったと思いますし、そもそも会社自体にそれを未然に防ぐ仕組みがなかった(もしくは脆弱だったと)言わざるを得ないと思います。

 

キャリアコンサルタントを雇ってもそれが企業の利益に直結することはないと思いますが、医療業界を含め、会社の健全な経営を維持するためにも我々がもっと活躍できる場があってもいいと思いました。

指導医は怒ってはいけない??

2016年10月25日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

 

さて、本日のネタですが「指導医は怒ってはいけない??」ということにしました。

筒井冨美先生が書かれたコラムについての感想です。

 

使えない医者を量産する「怒らず、残業させず」新研修制度

http://news.livedoor.com/article/detail/12158736

 

う~~ん、タイトルについては結構強烈ですね。

 

内容についてもちょっと大げさかなと思うことはありますが、ただ研修医の教育ということでいうと、以前の厳しさはなくなってきつつあると思います(とりあえず初期研修は)。

昔は研修医が指導医に怒鳴られるということは結構あったと聞きますし、薄給での残業や雑用を文句を言わずこなすのが当たり前でした。

 

大きな病院ではそれがまだ“文化”として残っているところもあると思いますが、全体的にはそういった過酷な環境は和らいできていると思います。

 

これは一般社会でも同じですね。

 

ただなんというか命を預かる現場では一定の緊張感や厳しさもあって当たり前であり、あまりにゆるくなってしまうと、今後一人前になる際にその研修医の方自身が困るということも出てきそうです。

 

もちろん劣悪で厳しすぎる労働環境というのは研修医のバーンアウトを助長させますし、病院にとってもよくないと思います。ただ記事にあることようなことがすべてにならないようには願いたいです。。。

やりたい仕事と求められる仕事の折り合い

2016年10月15日

医師のキャリアコンサルタント、中村正志です。

さて、本日のネタですが「やりたい仕事と求められる仕事の折り合い」ということにしました。

ある方のブログで、表題のことをネタにされていて、

 

やりたい仕事と求められる仕事ということで比較すると、求められる仕事をするのが圧倒的に成功の近道

という趣旨のことが書かれていました。

 

納得です。うんうん

 

やりたい仕事って結構あいまいな方が多いんですよね。イチローみたいにやりたいことが野球で、それを一途に追求していくって方は非常にまれです。またやりたいことであっても嫌な事、つらいことというのは出てきます。そこで実績が作れなかったりやりがいをなくすことも大いにあり得ます。

 

その点、求められる仕事であればたとえ興味がない内容だったとしてもそこで喜ばれ人の役に立つことでやりがいが生まれます。

 

医師の皆さまの中でも、今やっている仕事に嫌気がさしたり、もっと他のことをしたいという方がいらっしゃいます。当然ストレスのかかる仕事ですし、能力の高い皆さまにとって合わないと感じることもあると思います。

 

ただやっぱり患者さんや周りの方の期待に応える仕事をする方が、成功はしやすいです。

(医師以外で成功されている一部の先生は除く)

 

もちろん、仕事のスパイスとして、またはストレッチとして色々なことに挑戦することはありです。ただ主軸としてはやはり医師として求められる仕事をするということをまず第一に考えていただければなぁ~と思います。

  • お問合わせ
  • 医師のキャリアを考える。BLOG
  • ドクターから皆様へメッセージ

ページの先頭に戻る