医師の皆様に対して、皆様自身が医師として有意義な人生を送っていただくための相談や勉強会、交流会、情報提供などを目的としたコミュニティです。

立川共済病院 呼吸器内科 竹原朋宏先生

竹原朋宏先生のご経歴

2013年に慶應義塾大学医学部を卒業後し、川崎市立川崎病院にて初期研修を行いました。
その後出身大学の呼吸器内科へ入局し、後期研修1年目はさいたま市立病院で内科全科をローテーションし、2年目は立川共済病院の呼吸器内科医として勤務中です。

先生が専攻を決められたきっかけは何ですか?

医学生の時は将来の科は明確には定まっていませんでしたが、国民病である悪性腫瘍の治療困難さや社会の要求の高さから、将来はがん診療に関わりたいと思っていました。
初期研修は様々な科を回ることが出来る機会であり、内科・外科問わず様々な科を経験しました。どの科でも大変貴重な経験をさせていただきました。学生時代に感じていた各科へのイメージと実際働いた時に感じる印象とのギャップはやはり存在し、その後の選択において非常に大きな影響を及ぼしました。
私が専攻した呼吸器内科は、急性期疾患から慢性期疾患と長い時間軸、腫瘍・アレルギー疾患・免疫疾患・感染症と広い疾患幅、気管支鏡検査や人工呼吸器管理といった手技、など広大な分野であり、追求しがいのある魅力的な科と思いました。研究面でも様々な新規治療薬の開発が著しい分野であり、これから多くのことがわかってくる成長性を感じました。また社会、病院の中で呼吸器内科医のニーズが非常に高いことがわかりました。
呼吸器疾患は根治困難かつ命に関わる病気が多く、覚悟が求められる科です。患者さんと正面から誠実に向き合い、信頼を得て治療を行っている呼吸器内科医の姿に憧れ、自分も生涯をかけたいと思い呼吸器内科の道を選びました。

これまでの自身のキャリアを振り返っていかがですか?

後期研修は大学医局へ入局し、その人事に従っています。医局を選択した理由としては、症例豊富な様々な病院で研修できること、臨床・研究共にアカデミックな環境で自分が成長していけると考えたからです。またアイデンティティーが明確になるという意味でも大学医局は自分に合っています。
後期研修1年目は内科医としてさいたま市立病院にて内科全般をローテートし、2年目は呼吸器内科医として立川共済病院で研鑽を積ませていただいております。いずれの病院でも豊富な症例、教育熱心で模範とできる上級医に囲まれて、忙しくも目標を持って診療に取り組めています。今後も困難な呼吸器疾患の治癒の為に何か新しい発見出来るように、臨床・研究ともに全力で取り組んでいきます。

医学生や若手医師に向けてメッセージを

学生時代にしかできない活動をたくさんして、さまざまな経験をすると良いと思います。
私も運動部、文化部で養った経験が、医者になった今になって非常に活きていると思える場面に多く直面します。将来の方向性が定まっていなくても、焦る必要はないと思います。
初期研修先の病院選びに関しては、どのような病院でも自分次第で良い研修になりえます。それでも自分の価値観にあった病院を選ぶ事は大切です。手技中心に忙しく働きたいのか、じっくり腰を据えて勉強する時間が欲しいのか、教育病院で多くのカンファレンスを経験したいのか、同期は多いほうがいいのか、指導医にマンツーマンで指導して欲しいのか、等々。
自分の性格やスタイルに合わない病院ではやはりモチベーションが維持できない可能性があります。研修病院が決まれば、自分が良い研修を積めるように病院を変えるくらいの気概が必要かもしれません。
研修中は義務・選択含め様々な科を経験できますが、2年間で自分の専門を決める事をしっかり意識しながら回る事が大切です。一方で自分の興味のある科以外では手を抜いてしまうと、いざ選択する際に迷いが生じると思います。
どの科の経験も将来必ず役に立つので、何でも吸収して一所懸命やる姿勢が大切です。全力で取り組んでいれば自分にピッタリの将来が自然と開けてくると思います。制度が変動している時代ではありますが、本質的に大切なことは不変だと思います。

医師キャリ事務局より

竹原先生は弊社主催のキャリアセミナーでのご縁があり、取材をご依頼させて頂きました。
臨床で研鑽を積むだけではなく研究にも携わる事で、治療の難しい疾患を抱える患者様の為に少しでも前に医療を進めたい、人の役に立ちたいをしたいという寄り添った姿勢と生涯をかけて取り組む気概・熱意を帯びたお話しが大変印象的でした。
竹原先生のように生涯をかけたいと思える科目と出会う為のきっかけ作りや視点は、是非ご参考にして頂きたいポイントです。

お問い合わせ、無料キャリアコンサルティングについてはフォームからご連絡下さい。

ページの先頭に戻る